かしばし
逢坂・大坂山口神社本殿(おうさか・おおさかやまぐちじんじゃほんでん)


奈良県指定重要文化財
室町時代

坂山口神社は、逢坂と穴虫(あなむし)の2ヶ所にあるが、この神社の起こりについて『古事記』(こじき)には「崇神天皇(すじんてんのう)の時に赤い楯(たて)と矛(ほこ)を以(もっ)て墨坂(すみさか)の神を祀(まつ)り、黒い楯と矛をもって大坂の神を祀る」と書かれてる。墨坂神社は榛原町にあり、大和に入る東の入口にあたる。これに対して、大坂山口神社は、西の入口にあたり、西国から大和への関となる。なぜ、大坂山口神社だけ2社存在するかについては、諸説があり、はっきりしていないが、両社とも、大和の西の玄関口に位置していることは、この地の重要性をうかがわせている。
逢坂大坂山口神社の本殿は奈良県指定文化財となっている。奈良県内の神社建築の多くは江戸時代に建てられたものであるが、この本殿は細部に室町時代の様式をもっていることから、特に重要なものとされている。県の指定文化財にふさわしい、風格を漂わせている。

資料提供は香芝市 


歴史文化資源マップ
香芝市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS