かしばし
木造大日如来坐像(もくぞうだいにちにょらいざぞう)


重要文化財(阿日寺保管)
平安時代

像の所蔵はもと常磐寺(ときわでら)(香芝市良福寺)(かしばしりょうふくじ)で、現在は無住のため阿日寺(あにちじ)で保管している。この常磐寺にも恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)の生誕地伝承がある。
大日如来坐像(像高94.0cm)は定印(じょういん)を結び右足を前に結跏趺坐(けっかふざ)する。樟材(くすざい)を用いた一木造で、頭・体幹部(たいかんぶ)を通して一材から彫出し、背面から長方形に内刳(うちぐり)を施し、蓋板(ふたいた)を当てている。両膝部は横一材を矧(つ)ぎ、両腕は肩・臂(ひ)・手首で矧ぎ付けている。
両部は両頬の肉どりが豊かで、眉眼鼻をくっきりと刻み、口唇は薄く引き締めている。正面観の体躯は細く、両臂(くっひ)を外側に張った特異な像容が印象的である。条帛(じょうはく)や裳(も)には翻波式衣文(ほんぱしきえもん)が見られる。平安時代の10世紀後半の制作になると考えられる。

資料提供は香芝市 


歴史文化資源マップ
香芝市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS