かしばし
二上山博物館(にじょうさんはくぶつかん)


旧石器時代

「二上山と3つの石」・・・・なんとなく謎めいたことばであるが、二上山博物館のテーマである。万葉の時代から神秘の山と崇められてきた二上山も、こうした一面とはまったく異なる面をもっている。
いまからおよそ2,000万年前頃に、大噴火した火山というのが二上山の真の姿なのである。
この噴火によって、二上山はさまざまな火成岩を生みだした。そのうちでも、とりわけ、サヌカイトと屯鶴峯(どんづるぼう)に見られる凝灰岩(ぎょうかいがん)、ざくろ石(金剛砂)(こんごうしゃ)は、全国的にも興味深い存在なのである。サヌカイトは、産出されるのが全国でも讃岐(香川県)とこの二上山を中心に瀬戸内地方だけというめずらしい石。「サヌカイト」、「凝灰岩」、「金剛砂」の3つの石によって、「二上山」は旧石器時代から今まで、山の美しい姿によって人々に深い感動を与えただけでなく、人々の暮らしのなかで深いかかわりをもってきたのである。「二上山博物館」は、この「3つの石」を中心に、「二上山」に焦点をあて、歴史的風土と自然の特徴を親しみやすく視覚にうったえた博物館である。

ご利用案内

資料提供は香芝市 


歴史文化資源マップ
香芝市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS