かしばし

 人物紹介

恵心僧都源信
(えしんそうずげんしん)

絹本著色聖衆来迎図
木造大日如来坐像

恵心僧都源信は、香芝の地で誕生したと伝えられている。香芝は、二上山の麓にあり、源信は、二上山の落日によって、阿弥陀如来が大衆を救うために、お迎えに来るという来迎(らいごう)思想を感得(かんとく)した、と言われている。
「往生要集」(おうじょうようしゅう)全3巻をあらわして浄土信仰を確立した源信は、歴史上の人物として教科書などで親しまれている。

資料提供は香芝市 


歴史文化資源マップ
香芝市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS