はいばらちょう
伊勢街道(札の辻)(いせかいどう ふだのつじ)


江戸時代
文化庁選定 歴史の道百選

原町は古くから大和の東玄関口で、大和から伊勢に通じる伊勢街道として江戸時代には往来する人々で賑わった。沿道には当時の道標を多く残す。
特に、伊勢本街道とあを越え街道の分岐点をなす要所「札の辻」には、元旅篭「あぶらや」、道標、常夜灯など宿場町の風情ある町並みが今も残っている。

ご利用案内

資料提供は榛原町 


歴史文化資源マップ
榛原町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS