はいばらちょう
戒長寺(かいちょうじ)


重要文化財(梵鐘)
奈良時代
奈良県指定の仏像・イチョウ

井岳(大和富士)の東麓で標高600m の高台にある静かな山寺。東海自然歩道沿いにある。地方の戒律道場として藤原時代に隆盛を極めたことは、9体の藤原仏を伝来していることからもわかる。
わが国唯一といわれる十二神将を刻んだ銅鐘や葉のつけ根辺りに小さな実がつくオハツキイチョウ(県天然記念物)など見所いっぱい。

ご利用案内

資料提供は榛原町 


歴史文化資源マップ
榛原町に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS