はびきのし

翠鳥園遺跡(すいちょうえんいせき)


旧石器時代
国内最大級の石器製作跡

から約2万年前の遺跡でサヌカイト製の石器や、石器を作る時にでる石の破片が、約2万点も見つかりました。 石器作りの跡は、2mほどの範囲に、たくさんの石器や石のかけら、石屑などが、山のように積もっています。しかも、石を叩き割った時に、石の破片が飛び散った状態がそのまま残っていて、半日か一日、一人の人がそこに座って、ひたすら石器作りに励む様子まで想像することができます。
平成10年の春には、ビデオ解説施設や立体模型で、2万年前の石器作りが詳しく理解できる遺跡公園がオープンします。

ホームページ作成は羽曳野市


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) KIIS