はびきのし

白鳥陵古墳(はくちょうりょうこふん)


古墳時代
日本武尊(やまとたけるのみこと)
白鳥伝説

丘長190m、後円部の径106m、前方部の幅165mで、幅40〜80mの濠を持っています。あの日本武尊(やまとたけるのみこと)の白鳥伝説に、日本武尊が白鳥に姿を変え最後に降り立った地とされています。しかしこの白鳥陵は、前方部の開きがかなり大きいことから5世紀末から6世紀初頭に造られたと推測され、このころの大王クラスの人物が眠っていると考えられています。

ホームページ作成は羽曳野市


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) KIIS