はびきのし

壺井八幡宮(つぼいはちまんぐう)
 


大阪府指定史跡
平安時代
河内源氏

倉幕府を開いた源頼朝は、河内源氏の嫡流であり、「壺井・通法寺(つうほうじ)」地域は、その河内源氏が発祥したところである。壺井八幡宮を始めとして、たくさんの源氏ゆかりの史跡がある。
壺井八幡宮は、康平7年(1064年)に源頼信の子・頼義が石清水(いわしみず)の神を私邸の東側に祀ったのが始まりである。
ここには、頼義の子・義家(八幡太郎義家)が愛用したとされる「黒韋威胴丸(くろかわおどしどうまる)」(重要文化財)や「天光丸の太刀(てんこうまるのたち)」(重要美術品)がある。また、敷地内には、樹齢800年といわれる「クスノキ」(府の天然記念物)がそびえている。

資料提供は羽曳野市 


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS