はびきのし

飛鳥(あすか)


古墳時代
近つ飛鳥,渡来人の里

わらかなシルエットの二上山のふもと、のどかな田園風景(ぶどう畑)が広がる、心の休まるこの地を古代の大陸から渡って来た人々は、「渡来人の安住の地(アンスク)」と呼んだそうである。それから転化したと言われる「アスカ」は、奈良県明日香村の遠つ飛鳥に対して近つ飛鳥として、その地名を今に残している。

資料提供は羽曳野市


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS