はびきのし

月読橋(つきよみばし)


奈良時代
柿本人麻呂の歌碑

鳥川と竹内街道が交差するところに「月読橋」という優雅な名を持つ橋がある。
橋のたもとには、古い石灯籠が2基あり、「太神宮」「金比羅大権現」と刻まれている。これはお伊勢さんや金比羅さんへの献灯であり、この道を通る人への道案内の街灯でもあった。
また、この橋から飛鳥川の右岸50m上流に石碑があり、新古今集の中の「あすか河もみじ葉ながる葛城の山の秋風吹きぞしぬらし」(人磨)という歌が彫られている。

資料提供は羽曳野市 


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS