はびきのし

白鳥神社(しらとりじんじゃ)


江戸時代
だんじり祭り

とは、軽里(かるさと)地区の西方の伊岐谷(いきだに)に祀られ「伊岐宮(いきのみや)」といわれていた。その後、南北朝や戦国の戦火にかかって次第に衰微し、峯ケ塚古墳(みねがづかこふん)に小祠として祀られていたが、1596年慶長の大地震で倒壊し、そのまま放置されていた。
江戸時代の寛永末期に現在地に移され、日本武尊(やまとたけるのみこと)と素戔鳴命(すさのおのみこと)を祭神とする古市の氏神となった。10月8. 9の両日に行われる秋祭りでは、古市各町の地車(だんじり)が宮入りする勇壮な姿が見られる。

資料提供は羽曳野市


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS