はびきのし

竹内街道(たけのうちかいどう)

 写真は造り酒屋(大吟醸「近つ飛鳥」)


飛鳥時代
最古の官道

古天皇の時代(613年)、以前よりあった丹比道(たじひみち)と呼ばれていた古道は、現在のから奈良の飛鳥豊浦宮までを結ぶ飛鳥時代の大動脈、わが国最初の官道(国道)として整備された。
日本書紀には、「難波より京に至るまでに大道を置く」と記されている。なお、「竹内街道」の呼称は、江戸時代以降につけられたものである。

資料提供は羽曳野市


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS