はびきのし
古市古墳群(ふるいちこふんぐん)


古墳時代
大王墓の集積,応神陵古墳は体積日本最大

本有数の大型古墳が密集する古市古墳群は、大阪府の東南部に位置する、羽曳野市・藤井寺市を中心に広がる古墳群で、4世紀末から6世紀前半頃までのおよそ150年の間に築造された。なかでも体積では最大規模を誇る応神陵古墳(おうじんりょうこふん)など大王墳の伝承を持つ大型前方後円墳から、全長10mにも満たない小型古墳まで100基以上の古墳で構成されている。
いずれも標高24m以上の台地や丘陵上にあり、古墳造営には渡来系の土師氏などが関与していたと考えられている。

資料提供は羽曳野市


歴史文化資源マップ
羽曳野市に戻る
関西デジタル・アーカイブに戻る
ホームページ関西デジタル・アーカイブはKIIS(Kansai Institute of Information Systems)によって運営されています。
Copyright (c) 1996 KIIS