KIISトップ
アクセスマップ サイトマップ
お問い合せ
 
開催概要 プログラム 講演者一覧 参加申込み 組織 開催履歴

開催履歴

 

 本シンポジウムは、1986年(昭和61年)に、「コンピューターワールド」という名称で開始し、今年で26回目を迎える、歴史のあるシンポジウムです。

 1993年から、 シンポジウムの名称を「インフォテック」に変更し、2012年には、一般財団法人に変わり、財団の名称を「関西情報・産業活性化センター」から「関西情報センター」に改名しています。

 シンポジウムや財団の名称は変われども、シンポジウムの開催主旨に大きな変化はなく、常にその時代のニーズにあった最先端の情報技術等をテーマとして、開催してきました。

コンピューターワールド

'92

     
インフォテック

'98

2003  

                  
昭和61年度 コンピュータワールド'86
会 期  シンポジウム:10月7日・8日/展示会:同 日
主 催  (財)関西情報センター
会 場  会議:大阪ロイヤルホテル/展示会:同会場
テーマ  人工知能・その応用−エキスパートシステムの最新情報を探る−
講演
内容
 
 ●基調講演 2件
  Poul Harmpn(Harmon Associates社)
  「合衆国におけるエキスパートシステム市場」
  長尾 真(京都大学 教授)
  「日本における人工知能研究の現状と展望」

 ●記念講演 2件
  Avron Barr(ALDO Ventures社)
  開原 成允(東京大学 教授)
  「情報化社会とエキスパートシステムの役割」

 ●パネル討議 1件

 ●事例発表 11件(海外2、国内9)
 

昭和62年度 コンピュータワールド'87
会 期  シンポジウム:10月28日〜30日/展示会:10月29日〜11月1日
主 催  大阪府、大阪市、(社)大阪工業会、(財)関西情報センター
会 場  会議:ホテルニューオータニ大阪/見本市:大阪城ホール
テーマ  AI87 JAPAN−人工知能の産業・経済への応用−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Raj Reddy(CUM 米国人工知能学会会長)
  「AI、ロボット並びにオートメーション」

 ●記念講演 2件
  Paul Harmon(Harmon Associates社)
  「米国における人工知能の商品化」

 ●事例発表 68件(海外17、国内51)
  (1)エキスパートシステム 経営関連16件、産業関連22件
  (2)ビジョン 14件
  (3)ロボディスク 16件
 

昭和63年度 コンピュータワールド'88
会 期  シンポジウム:10月4日〜6日/展示会:同 日
主 催  兵庫県、神戸市、(財)関西情報センター
会 場  会議:神戸国際会議場/見本市:同会場
テーマ  人工知能・その応用−ヒューマンインターフェイスの向上を目指すマルチメディア知識処理−
講演
内容
 
 ●基調講演 2件
  Nicholas Negroponte(MIT Media Labo.)
  「Delegating Through A Trury Interface」
  國井 利泰(東京大学 教授)
  「視覚的幻想世界への誘い」

 ●特別講演
  戸田 正直(中京大学 教授)
  「ヒューマンインターフェース−認知科学的視点から」

 ●事例発表 32件(海外8、国内24)
  (1)基本技術  4件
  (2)応用技術 20件
 

平成元年度 コンピュータワールド'89
会 期  シンポジウム:9月27日〜29日/展示会:同 日
主 催  大阪府、大阪市、(財)関西情報センター
会 場  会議:大阪国際交流センター/展示会:同会場
テーマ  人工知能・新しい応用−マルチメディアとヒューマンインターフェース−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Knneth I.Laws(National Science Foundation)
  「AI and the Real World:Perception,Planning,and Prospects」

 ●特別講演 2件
  古川 俊之(国立大阪病院 院長)
  「医学分野における情報処理とヒューマンインタフェース」
  北川 善太郎(京都大学 法学部長)
  「知的財産権をめぐる最近の展開」

 ●事例発表 32件(海外9、国内23)
  (1)ハイパーメディア
  (2)インタフェース
  (3)知的情報通信
  (4)画像
  (5)教育
  (6)マルチメディア
 

平成2年度 コンピュータワールド'90
会 期  シンポジウム:11月7日〜9日/展示会:同 日
主 催  兵庫県、神戸市、(財)関西情報センター
会 場  会議:神戸商工会議所会館/展示会:同会場
テーマ  マルチメディア技術と人工知能
講演
内容
 
 ●基調講演 2件
  Michael L.Dertouzosu(MIT)
  「Made in America:People,Technology and Productivity」
  唐津 一(東海大学 開発技術研究所 教授)
  「90年代の産業と知能化技術」

 ●特別講演
  廣瀬 通孝(東京大学 工学部 助教授)
  「人工現実感と仮想環境」

 ●事例発表 33件(海外6、国内27)
  (1)知的通信
  (2)アドバンスドE/S
  (3)音声・画像
  (4)ハイパー・推論・言語
  (5)ニューラル・ヒューマンインタフェース
  (6)マルチメディア
 

平成3年度 コンピュータワールド'91
会 期  シンポジウム:9月24日〜26日/展示会:同 日
主 催  大阪府、大阪市、(財)関西情報センター
会 場  会議:大阪国際交流センター/展示会:同会場
テーマ  マルチメディア技術と人工知能
講演
内容
 
 ●基調講演
  Mike Cooley(EC)
  「EC統合と科学技術の統合」

 ●特別講演
  大須賀 節雄(東京大学 先端科学技術研究センター長 教授)
  「人工知能の動向」

 ●事例発表 30件(海外5、国内25)
  (1)感性・表示
  (2)画像・認識
  (3)エキスパートシステム
  (4)協調・ネットワーク
  (5)ハイパーメディア
 

平成4年度 コンピュータワールド'92
会 期  シンポジウム:11月4日〜6日/展示会:同 日
主 催  神戸市、神戸商工会議所、(財)関西情報センター
会 場  会議:神戸商工会議所会館/展示会:同会場
テーマ  マルチメディアとコミュニケーション−より便利に、より賢く、より楽しく−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Wayne Rosing(SUN Micro)
  「これからのワークステーションの世界」

 ●特別講演
  江崎 玲於奈(筑波大学 学長)
  「お手本志向より例外志向の薦め」

 ●事例発表 25件(海外4、国内21)
  (1)マルチメディアの応用
  (2)画像データベースの応用
  (3)グループウェアの展開
  (4)次世代ネットワーク
  (5)マルチメディアとコミュニケーション−その展望と課題−
 

平成5年度 インフォテック'93
会 期  シンポジウム:11月10日〜12日
主 催  大阪府、大阪市、(財)関西情報センター
会 場  会議:毎日新聞ビル(オーバルホール、研修室)
テーマ  マルチメディアのひろがり−豊かな情報化社会に向けて−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Yi-tzuu Chien(National Science Foundation)
  「HPCC-高速ネットワークハイウェイ−」

 ●特別講演
  甘利 俊一(東京大学 工学部 教授)
  「リアルワールドコンピューティングの世界−やわらかな情報処理をめざして−」

 ●事例発表 24件(海外6、国内18)
  (1)インフォメーションテクノロジーのトレンドを探る
  (2)データベースとその応用
  (3)マルチメディアとその応用
  (4)画像技術の応用
  (5)ネットワーク
  (6)ヒューマンインタフェース
  (7)バーチャルリアイティー
  (8)グループウェアの展開
 

平成6年度 インフォテック'94
会 期  シンポジウム:10月11日〜13日
主 催  兵庫県、神戸市、(財)関西情報センター
会 場  神戸商工会議所会館
テーマ  マルチメディアがひらく情報新時代−時間と空間をこえて−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Hugh C.Maritin(3DO)
  「マルチメディアの現状と展望」

 ●特別講演 2件
  Roger Shank(Northwestern Univ)
  「Multimedia and Education」
  宮津 純一郎(日本電信電話(株)副社長)
  「マルチメディア時代に向けての展望」

 ●事例発表 20件(海外3、国内17)
  (1)マルチメディアのトレンドを探る
  (2)社会とマルチメディア
  (3)CSCW/ヒューマンインタフェース
  (4)バーチャルリアリティ
  (5)マルチメディアデータベース
  (6)マルチメディアネットワークの展望
 

平成7年度 インフォテック'95
会 期  シンポジウム:11月4日〜6日
主 催  大阪府、大阪市、(財)関西情報センター
会 場  毎日新聞ビル(オーバルホール)
テーマ  インターネットが創出するバーチャルワールド−マルチメディア技術の究極を求めて−
講演
内容
 
 ●基調講演
  月尾 嘉男(東京大学 教授)
  「マルチメディア・ネットワーク社会の企業活動」

 ●特別講演
  Domenico Ferari(カリフォルニア大学 バークレー校)
  「マルチメディア通信」

 ●事例発表 10件(海外3、国内7)
  (1)携帯機器より身近に
  (2)インターネット応用技術
  (3)より使いやすく、人に近く
  (4)インターネットが創るバーチャルリアリティ空間
 

平成8年度 インフォテック'96
会 期  シンポジウム:11月7日・8日
主 催  兵庫県、神戸市、(財)関西情報センター
会 場  神戸国際会議場
テーマ  サイバースペースが創出する情報新社会−人とコンピュータの高度なコミュニケーションを求めて−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Shaw E.Pender(米国サンマイクロシステムズ社)
  「Javaによるネットワークコンピューティングへの展望」

 ●特別講演
  水野 博之(スタンフォード大学・龍谷大学)
  「情報化社会とは何か」

 ●事例発表 10件(海外3、国内7)
  (1)関西地域の情報関連先端プロジェクト
  (2)インタラクティブエージェント
  (3)インターネットのマルチメディア応用
  (4)バーチャルリアリティー
  (5)エージェントとインターネット
  (6)セキュリティ
  (7)EC
  (8)デジタル映像
  (9)モバイルコンピューティング1
  (10)モバイルコンピューティング2
 

平成9年度 インフォテック'97
会 期  シンポジウム:10月23日・24日
主 催  (財)関西情報センター
会 場  けいはんなプラザ(京都府相楽郡精華町光台1-7)
テーマ  デジタル革命が拓くグローバル社会
 −マルチメディアコンテンツによる社会・文化・ビジネスの新しい展開−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Leonardo Chiariglione(CSELT,Italy)
  「マルチメディアコミュニケーションを越えたエージェントによるコミュニケーションへの展望」

 ●特別講演
  立花 隆(東京大学先端科学技術研究センター)
     「サイバー社会への展望」

 ●事例発表 9件(海外2、国内7)
  (1)エージェント
  (2)マルチメディアコンテンツ
  (3)関西プロジェクト
  (4)サイバービジネス
  (5)インターネット
  (6)マルチメディアデータベース
 

平成10年度 インフォテック'98
会 期  シンポジウム:11月19日・20日
主 催  兵庫県、神戸市、(財)関西情報センター
会 場  神戸商工会議所
テーマ  サイバーワールドを支えるコンピューティング技術
講演
内容
 
 ●基調講演 2件
  Janet Pruitt(Visa Internaitonl Global Support Services)
  「変貌するインターネット市場」
  佐野 力(日本オラクル(株)代表取締役社長)
  「インターネットでよみがえる企業システム−ネットワーク時代の企業情報化戦略−」

 ●特別講演
  浅田 稔(日本電信電話(株)代表取締役副社長 関西支社長)
  「わが国情報通信産業の展望」

 ●事例発表 7件(海外2、国内5)
  (1)サイバー(デジタル)ビジネス
  (2)モバイルシステム
  (3)マルチメディアコンテンツ
  (4)エージェント
 

平成11年度 インフォテック'99
会 期  シンポジウム:11月11日・12日
主 催  (財)関西情報センター
会 場  ホテルニューオータニ大阪
テーマ  高付加価値社会を支える情報技術−サイバービジネスへの挑戦−
講演
内容
 
 ●基調講演
  Thomas H.Hattier(General Electric Japan,Ltd.)
  「GEのEコマースに対する取組み」

 ●特別講演
  西岡 郁夫((株)ブランドゥ・元インテル(株))
  「情報ビッグバンと経営革命」

 ●事例発表 9件(海外2、国内7)
  (1)サイバー(デジタル)ビジネス
  (2)モバイルコンピューティング/放送
  (3)マルチメディアコンテンツ
  (4)エージェント
 

平成12年度 インフォテック2000
会 期  シンポジウム:11月15日・16日
主 催  兵庫県/神戸市/(財)関西情報センター
会 場  神戸朝日ホール
テーマ  ITが切り拓く新世紀−ネットワークが社会を変える−
講演
内容
 
 ●基調講演
  吉田 和男(京都大学大学院 経済学研究科 教授)
  「IT時代のベンチャービジネス」

 ●特別講演
  立川 敬二((株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 代表取締役社長)
  「モバイル・フロンティアへの挑戦」

 ●海外公演
  Neil Gershenfeld(マサチューセッツ工科大学 メディアラボ)
  「考えるモノたち(Things That Think)」

 ●事例発表 7件(国内)
  (1)ネットビジネス
  (2)BSデジタル放送
  (3)情報セキュリティ技術
  (4)Bluetooth技術  等
 

平成13年度 インフォテック2001
会 期  シンポジウム:11月15日・16日
主 催  (財)関西情報センター
会 場  都ホテル大阪「浪速の間」
テーマ  ITがつくるユビキタス情報社会−21世紀型eビジネスを読む−
講演
内容

 
 ●基調講演1
  佐藤 真衛(インテル株式会社 取締役副社長)
  「ユビキタス情報社会の実現を加速するインテルのビジネス戦略」

 ●基調講演2
  今井 賢一(スタンフォード日本センター 理事長)
  「ブロードバンド・ユビキタス時代の事業戦略」

 ●海外公演
  Andy Oram<アンディー オーラム>(0'Reilly&Associates,Inc)
  「Peer to Peer −インターネット基盤の再構築に向けて−」

 ●特別講演
  金田 嘉行(ソニー株式会社 関西代表・顧問 (元 代表取締役副社長))

  「e−Japanの課題 −知的創造力と製造業のゆくえ−」


 ●事例発表 5件(国内)
  (1)ネットビジネス
  (2)情報家電
  (3)デジタルアーカイブ
  (4)バイオ  等

平成14年度 インフォテック2002
会 期  シンポジウム:10月24日・25日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  神戸市産業振興センター 3階ホール
テーマ  ブロードバンドとユビキタスが切り拓く知識社会と経営組織
講演
内容

 
 ●基調講演
  加護野 忠男(神戸大学 教授)
  「ITと事業システム革命」

 ●講演1・海外先進技術動向
  ジェームズ・ヘンドラー(米国・メリーランド大学 教授)
  「ブロードバンド・ユビキタス時代の事業戦略」

 ●講演2・国内先進技術動向
  下條 真司(大阪大学サイバーメディアセンター 副センター長)
  「グリッドコンピューティングに見るITの未来像」

 ●特別講演
  安延 申(スタンフォード日本センター理事(兼)上席研究員)
  「ITによる経営・組織改革と競争力再生」

 ●事例発表 4件(国内)
  (1)ネットビジネス
  (2)情報家電
  (3)デジタルアーカイブ
  (4)バイオ  等

平成15年度 インフォテック2003
会 期  シンポジウム:10月29日・30日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  都ホテル大阪 4階 浪速の間
テーマ  ブロードバンドとユビキタスが切り拓く知識社会と経営組織
講演
内容

 
 ●基調講演
  北城 恪太郎(社団法人経済同友会 代表幹事
         /日本アイ・ビー・エム株式会社 会長)
  「これからの国際競争力とIT戦略」

 ●講演1海外先進技術動向
  ジュディス・クラバンス(米国・コロンビア大学 教授)
  「ユビキタス社会におけるデジタル情報資源のアクセス環境」

 ●講演2・国内先進技術動向
  早川 佳宏(松下電器産業株式会社
  パナソニックシステムソリューションズ社eソリューション本部
  eシステム開発グループ グループマネージャー)
  「電子書籍端末の開発と電子書籍配信事業への参入について」

 ●講演3・国内先進技術動向
  丸島 儀一(キヤノン株式会社 顧問・弁理士)
  「特許ビジネス最前線」

 ●講演4・国内先進技術動向
  横澤 誠(株式会社野村総合研究所情報技術本部
  NRIフロンティアテクノロジー・ラボ京都 上席研究員)
  「「知」を育む場としてのユビキタスネットワークを考える」

 ●特別講演
  西岡 郁夫(モバイル・インターネットキャピタル株式会社
  代表取締役社長 工学博士 ビジネスコーディネーター)
  「ユビキタスネットワーク時代の経営革命」

 ●事例発表 6件(国内)
  (1)ICカードによる新決済サービス
  (2)電子書籍
  (3)GPSを活用したセキュリティサービス
  (4)RFIDと個人情報保護  等

                    平成16年度 インフォテック2004
会 期  シンポジウム:11月18日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  神戸国際会議場3F 国際会議室
テーマ  最先端IT・ユビキタス技術で産業とビジネスを変える 
       〜デジタル家電と携帯電話が牽引する新たなものづくり〜
講演
内容

 
 ●基調講演
  長尾 真氏 (独立行政法人 情報通信研究機構 理事長)
  「ユニバーサル・コミュニケーションの実現に向けて」
          
 ●特別講演
  ウエイ・イン・マ氏(マイクロソフト・リサーチアジア 研究マネージャー 博士)
  「中国における情報通信技術とマイクロソフト・リサーチ・アジアの研究開発」

  【セッション1:新しいITものづくり】
  座長:灘本 明代氏(独立行政法人 情報通信研究機構)
      中川 克哉氏(シャープ梶j 
 ●講演1「ユビキタス時代のデジタル家電と組み込みソフトウエア」
      今井 良彦氏
      (松下電器産業潟\フトウエア開発本部 ソフトウエアエンジニアリングセンター所長)
  
 ●講演2「オープンソースとものづくり」
       竹岡 尚三氏(株式会社アシックス 代表取締役社長)
  
 ●講演3「モバイル検索:現在と未来」
  ウエイ・イン・マ氏(マイクロソフト・リサーチアジア 研究マネージャー 博士)

  【セッション2:家電を変える技術】
  座長:赤藤 倫久氏(朝日放送株式会社)
      松居 真一氏(松下電器産業株式会社) 
 ●講演1「ユビキタスホーム〜ロボットが見守る家」
      上田 博誰氏(独立行政法人 情報通信研究機構 けいはんな情報通信融合研究センター))
  
 ●講演2「知的クラスター『ネオカデン』プロジェクト」
       渡辺 好章氏(同志社大学工学部 教授)
  
 ●講演3「エコーネットの概要とその応用」
      牧田 実氏(エコーネットコンソーシアム 技術委員)
 
 【セッション3:次世代を担うソフトウエアクリエイター】
  座長:渡辺知恵美氏(奈良女子大学)
      旭  敏之氏(日本電気株式会社) 
 ●講演1「アミューズメントブラウザ」
      園田 修司氏(ポップニート 代表)
  
 ●講演2「書をつくりに街にでよう!」
       田中 浩也氏(東京大学 生産技術研究所 助手)
  
 ●講演3「料理映像によるインタラクティブ調理支援ソフトウエア」
       浜田 玲子氏(東京大学大学院 情報理工学系研究科 電子情報学専攻 特任助手)
 
 ●講演4「声まね練習ソフト 〜これであなたも芸達者?〜」
       石若 裕子氏(函館工業高等専門学校 情報工学科 助手)
  

【セッション4:携帯電話ビジネスとものづくり】
  座長:原 隆浩氏(大阪大学)
      山田 啓次氏(株式会社NTTドコモ関西) 
 ●講演1「モバイルネットワークの将来像  〜マルチメディアとユビキタス応用の視点から〜」
      栄藤 稔氏(DoCoMoUSA研究所 社長)
  
 ●講演2「第3世代携帯におけるアプリケーションの展望」
       草場 匡宏氏(クアルコムジャパン株式会社 ビジネス開発担当部長)
  
 ●講演3「携帯電話とFeliCaの融合による新たなライフスタイルの創出」
       丸子 秀策氏(フェリカネットワークス株式会社 企画部 統括部長)
 

平成17年度 インフォテック2005
会 期  シンポジウム:11月22日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  都ホテル大阪4F 浪速の間/大和の間
テーマ  ユビキタス時代の社会基盤を考える 
       〜新たなイノベーションとものづくり〜
講演
内容

 
 ●基調講演
  「ユビキタス時代の製造業のビジネスモデル」
  松島 克守氏 (東京大学 教授)        

 ●特別講演
  「ユビキタス時代におけるBTの戦略」
  Yung Kim(ヨン キム)氏
   (BTグループテクノロジー&イノベーション 日本・韓国担当 副社長)

  【セッション1:ユビキタス時代における新しいライフスタイルの創造】
  座長:赤藤 倫久氏(朝日放送株式会社)
     旭  敏之氏(日本電気株式会社) 
 ●講演1「2006年4月1日開始!地上デジタルテレビ『ワンセグ』」
      大場 洋士氏(株式会社テレビ朝日 メディア戦略室兼関連企業室)
      
  
 ●講演2「携帯端末とネットコミュニティ連携の可能性」
       上原  宏氏(株式会社NTTドコモ プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部                  複合メディア放送メタ流通担当 担当課長)
  
 ●講演3「ワークスタイルの変革をめざすユビキタスオフイス環境」
  原 良憲氏(日本電気株式会社 インターネットシステム研究所 研究統括マネージャー)

  【セッション2:ユビキタス時代における企業の情報セキュリティ】
  座長:川北 眞史氏(京都工芸繊維大学)
     中川 克哉氏(シャープ株式会社) 
 ●講演1「JPCERT/CCの活動と最近のインターネットセキュリティ事情」
      歌代 和正氏(JPCERTコーディネーションセンター代表理事 株式会社インターネットイニシャティブ特別研究員)
  
 ●講演2「ユビキタス・セキュリティー次世代の情報セキュリティ」
       武田 圭史氏(カーネギメロン大学 日本校 教授)
  
 ●講演3「ソフトバンクBB 情報セキュリティへの取り組み」
      高元  伸氏(ソフトバンクBB株式会社 情報セキュリティ・品質管理本部長)
 
 【セッション3:ユビキタス社会基盤を支える重要技術】
  座長:嶋田 恵一氏(大阪大学大学院/株式会社日立総合計画研究所)
     松居 真一氏(松下電器産業株式会社) 
 ●講演1「ユビキタス時代のソフトウエア技術とビジネス」
      鶴保 征城氏(独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウエア・エンジニアリング・センター所長)
  
 ●講演2「サービス経済におけるサービス・イノベーションとサービス・サイエンス」
      日高一義氏(日本IBM株式会社 東京基礎研究所 部長 理学博士)
  
 ●講演3「ユビキタス時代のネットワーク技術」
       下條 真司(大阪大学サイバーメディアセンター長 教授)
 

平成18年度 インフォテック2006
会 期  シンポジウム:11月22日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  神戸国際会議場
テーマ  ユビキタス時代企業環境と情報セキュリティ
講演
内容

 
 ●基調講演
  大山 永昭 (東京工業大学 教授)
   「安全・安心そして便利なユビキタス社会の実現に向けて 」


 ●セッション
  「ユビキタス時代の企業環境と情報セキュリティ」

  座長
  武田 圭史 氏(カーネギメロン大学 教授)
  中川 克哉 氏(シャープ株式会社 知的財産本部第一特許権推進室主事)

  講演1
  「Security and privacy concerns in peer-to-peer file-sharing networks」
  (ピア・ツー・ピア・ファイル共有ネットワークにおけるセキュリティとプライバシー」
  Dr.Nicolas Christ 氏(カーネギメロン大学 博士)

  講演2
  「サイバー攻撃とボットネット対策」
  小山 覚 氏
   (NTTコミュニケーションズ梶@IPインテグレーション事業部 担当部長)

  講演3
  「企業の内部統制と情報セキュリティ」
  津田 圭司 氏(KPMGビジネスアシュアランス潟Vニアマネージャー)

平成19年度 インフォテック2007
会 期  シンポジウム:10月10日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  シェラトン都ホテル大阪
テーマ  企業経営におけるリスク管理と情報システムの戦略的活用
講演
内容

 
 ●講演1
   「進化する価値創造エンタープライズ・リスクマネジメント(ERM) 」
  刈屋 武昭  氏
   (明治大学ビジネススクール グローバル・ビジネス研究科長・京都大学 客員教授 )

  講演2
  企業経営を支えるコーポレート・ガバナンスと内部統制」
  鳥羽 至英 氏
   (早稲田大学 商学学術院・商学部 教授)

 ●基調講演
  「社会基盤化する情報システムに求められるセキュリティ」
  山口 英 氏
   (奈良先端科学技術大学院大学 教授
   内閣官房 情報セキュリティセンター 情報セキュリティ補佐官 )

 ●セッション
  「企業経営におけるリスク管理と情報システムの戦略的活用」

  座長
  下條 真司 氏(大阪大学 サイバーメディアセンター長 教授)

  パネル1
  「CSIRT連携による情報セキュリティリスクに対する取組み 」
  深澤 友雄 氏
  (日本電信電話株式会社 情報流通プラットフォーム研究所 主席研究員)

  パネル2
  「企業改革の潮流とITガバナンス 」
  梶浦 敏範 氏
  (株式会社日立製作所 情報通信グループ 経営戦略室 IT戦略担当 本部長 )

  パネル3
  「松下におけるリスク管理・・・情報セキュリティの視点から 」
  金森 喜久男 氏
  (松下電器産業株式会社 情報セキュリティ本部 上席審議役 )

平成20年度 インフォテック2008
会 期  シンポジウム:10月8日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  ホテルグランヴィア京都
テーマ  グローバル時代のITガバナンス
講演
内容

 
 ●基調講演
    「内部統制を基盤とした企業価値経営」
  田尾 啓一 氏
   (立命館大学 テクノロジー・マネジメント研究科 教授)

 ●招待講演1
   「戦略的IT投資とIT人材の育成」
  櫻井 通晴 氏
  (城西国際大学 客員教授、(独)情報処理推進機構(通称IPA)監事)

 ●招待講演2
  「京セラグループの企業改革法(SOX法)への取組みについて(IT統制を中心に)」
  上原 始 氏
   (京セラコミュニケーションシステム株式会社 内部監査室 副室長)

 ●パネルディスカッション
  「グローバル時代のITガバナンス −BCPを中心にして−」

  コーディネーター 長谷川 和義 氏
  (住友電気工業株式会社 常務執行役員情報システム部長)

  パネル1
  「大阪ガスにおけるBCPへの取り組み」
  住友 宏 氏
  (大阪ガス株式会社 理事・情報通信部長)

  パネル2
  「BCPを踏まえた情報通信インフラ構築方策」
  谷岡 匠 氏
  (関西電力株式会社 経営改革・IT本部 IT企画部長)

  パネル3
  「運用起点の事業継続マネジメント」
  伊藤 毅 氏
  (株式会社富士通総研第三コンサルティング本部BCM事業部長)

  パネル4
  「NECグループにおけるBCP策定の取組み」
  坂本 憲幸 氏
  (日本電気株式会社 リスク・コンプライアンス統括部 統括マネージャー)

平成22年度 インフォテック2010
会 期  シンポジウム:10月6日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  シェラトン都ホテル大阪
テーマ  グローバル競争時代を勝ち抜くための企業IT戦略
講演
内容

 
 ●基調講演
    「勝ち組企業のビジネスプロセス」
  伊藤 宗彦 氏
   (神戸大学 経済経営研究所 教授)

 ●招待講演1
   「クラウド本格活用に向けた課題と今後の方向性」
  木原 洋一 氏
  (株式会社NTTデータ 技術開発本部副本部長)

 ●招待講演2
  「ネット環境の発展を安心・安全面で支える「安信簡」情報環境」
  小林 正彦 氏
   (財団法人日本情報処理開発協会 常務理事)

 ●招待講演3
  「環境配慮型データセンタのグローバル展開と企業IT戦略から見た有効性」
  渡部 芳邦 氏
   (株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ITサービス事業部長)

 ●パネルディスカッション
  「新しい時代の経営力を支えるIT戦略 〜グローバル競争を勝ち抜くために」

  コーディネーター 中野 博隆 氏
  (大阪大学 サイバーメディアセンター 教授)

  パネル1
  「住友電工におけるグローバルIT戦略」
  奈良橋 三郎 氏
  (住友電気工業株式会社 情報システム部長)

  パネル2
  「グローバル事業展開を支えるエンタープライズサービスモデル」
  中村 健寛 氏
  (日本電気株式会社 製造・装置業ソリューション事業本部主席事業主幹)

  パネル3
  「企業経営や社会へのICTの貢献〜クラウド・コンピューティングによる変革〜」
  岡田 昭広 氏
  (富士通株式会社 クラウドビジネスサポート本部長)

  パネル4
  「新しい時代の経営力を支えるIT戦略」
  木原 洋一 氏
  (株式会社NTTデータ 技術開発本部副本部長)

平成23年度 インフォテック2011
会 期  シンポジウム:10月6日
主 催  (財)関西情報・産業活性化センター
会 場  大阪国際会議場 (グランキューブ大阪) 
テーマ  スマートコミュニティ構想におけるITの役割
講演
内容

 
 ●基調講演
    「“エネルギーの情報化”によるスマートエネルギーマネジメント」
  松山 隆司 氏
   (京都大学大学院 情報学研究科知能情報学専攻 教授)

 ●招待講演1
   「スマートコミュニティの実現に向けた政策展開」
  木村 拓也 氏
  (経済産業省 商務情報政策局情報経済課 課長補佐)

 ●招待講演2
  「エネルギー復興計画とスマートグリッド」
  山家 公雄 氏
   (エネルギー戦略研究所株式会社 取締役 研究所長)


 ●パネルディスカッション
  「スマートコミュニティ構想におけるITの役割 〜課題克服と新たなビジネスモデルの創出〜」

  コーディネーター 中野 博隆 氏
  (大阪大学 サイバーメディアセンター長 教授)

  パネル1
  「スマートハウス情報活用基盤の整備に向けて 〜スマートハウス情報活用基盤整備フォーラム(eSHIPS)の活動報告」
  水上 潔 氏
  (株式会社日立製作所 スマートシティ事業統括本部事業開発センタ 担当部長)

  パネル2
  「関西電力の考えるスマートコミュニティとその取組み」
  藤井 祐三 氏
  (関西電力株式会社 企画室 次世代電力系統戦略プロジェクトチーム 部長)

  パネル3
  「環境への配慮と快適な生活の両立をはかる“スマートコミュニティ”の創出」
  篠原 哲哉 氏
  (株式会社東芝 スマートコミュニティ事業統括部 統括技師長)

  パネル4
  「スマートシティ構想とITの役割」
  岩野 和生 氏
  (日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員スマーター・シティー技術戦略担当)

平成24年度 インフォテック2012
会 期  シンポジウム:10月1日
主 催  (一財)関西情報センター
会 場  大阪国際会議場 (グランキューブ大阪) 
テーマ  ビッグデータを有効活用する新たなビジネス戦略
〜情報爆発時代を勝ち抜くために知っておくべきビッグデータの"光"と"影"〜
講演
内容

 
 ●基調講演
    「ビッグデータ時代の戦略」
  喜連川 優 氏
   (東京大学 生産技術研究所 教授)

 ●招待講演1
   「ビッグデータのビジネス利活用とその技術」
  三木 良雄 氏
  (株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 事業統括本部 企画本部 担当本部長)

 ●招待講演2
  「楽天のデータ分析とビジネスへの活用」
  〜スーパーDB、大規模データ活用のご紹介と見えてきた課題と可能性〜
  景山 均 氏
   (楽天株式会社 グループ・コア・サービス部 部長)


 ●パネルディスカッション
  「ビッグデータを活用する新たなビジネス戦略
  〜情報爆発時代を勝ち抜くために知っておくべきビッグデータの“光”と“影”〜」

  コーディネーター 中野 博隆 氏
  (大阪大学 サイバーメディアセンター長 教授)

  パネル1
  「ビッグデータ時代のデータ志向型経営の必要性」
  藤元 健太郎 氏
  (ディー・フォー・ディー・アール株式会社 代表取締役社長)

  パネル2
  「ビッグデータからビジネス価値をいかに生み出すか」
  塚本 眞一 氏
  (日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 インフォメーション・マネジメント事業部 理事 事業部長)

  パネル3
  「楽天のデータ分析とビジネスへの活用
  〜スーパーDB、大規模データ活用のご紹介と見えてきた課題と可能性〜」
  景山 均 氏
  (楽天株式会社 グループ・コア・サービス部 部長)

  パネル4
  「インタラクティブなコンテンツ活用が、企業の競争力を強化する」
  〜パナソニックのECMが実現する新たなデータ基盤作りとは〜
  井上 幸則 氏
  (パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

平成25年度 インフォテック2013
会 期  シンポジウム:10月10日
主 催  (一財)関西情報センター
会 場  大阪国際会議場 (グランキューブ大阪) 
テーマ  少子・超高齢社会を支えるITビジネス戦略とは
〜急拡大が期待されるスマートヘルスケア産業の現状と未来〜
講演
内容

 
 ●基調講演
    「世界一の超高齢社会を迎えた日本のIT戦略」
  小尾 敏夫 氏
   (早稲田大学 電子政府・自治体研究所所長 教授)

 ●招待講演1
   「スマートヘルスケアビジネスの現状と今後」
  志賀 利一 氏
  (オムロンヘルスケア株式会社 学術技術部 技術専門職 工学博士)

 ●招待講演2
  「クラウド型PHRサービス「ポケットカルテ」の概要」
  北岡 有喜 氏
   (独立行政法人国立病院機構本部 情報化統括責任者(CIO)補佐官
   独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 医療情報部長)


 ●パネルディスカッション
  「少子・超高齢社会を支えるITビジネス戦略とは
  〜急拡大が期待されるスマートヘルスケア産業の現状と未来〜」

  ファシリテータ 尾上 孝雄 氏
  (大阪大学 理事補佐 大学院情報科学研究科 副研究科長 教授)

  パネリスト1
  「スマートヘルスケアコミュニティ実現の為の事業化プラットフォーム」
  廣常 啓一 氏
  (株式会社新産業文化創出研究所 代表取締役所長)

  パネリスト2
  「スマートヘルスケアビジネスの現状と今後」
  志賀 利一 氏
  (オムロンヘルスケア株式会社 学術技術部 技術専門職 工学博士)

  パネリスト3
  「日本発ヘルスケアITのもたらす価値とは?」
  宇賀神 敦 氏
  (株式会社日立製作所 情報通信システム社スマート情報システム統括本部 担当本部長  兼ヘルスケア事業推進センタ長)

  パネリスト4
  「ロボットと暮らす社会にむけて
  〜介護医療支援パートナーロボットの開発状況〜」
  玉置 章文 氏
  (トヨタ自動車株式会社 パートナーロボット部長)



 (C) 2014 KIIS. All Rights Reserved. 一般財団法人関西情報センター