KIISトップ
アクセスマップ サイトマップ
お問い合せ
 
開催概要 プログラム 講演者一覧 参加申込み 組織 開催履歴

プログラム




10:00〜10:10 主催者挨拶
森下 俊三(一般財団法人関西情報センター 会長)

10:10〜10:20 来賓挨拶
経済産業省近畿経済産業局 局長(予定)

10:20〜11:50

基調講演
「スマートデバイスによるイノベーション創出の課題と可能性」

塚本 昌彦 氏
(神戸大学大学院工学研究科教授 
ウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事長)

 眼鏡型、時計型のデバイスをはじめ、身体に装着するウェアラブルデバイスや、IoT、M2M、サイバーフィジカルを実現するために、ものや場所に埋め込まれて使われるユビキタスデバイスなど、実世界の中で利用されるスマートデバイスが最近急に注目されています。本講演ではそのようなスマートデバイスの動向とその用途、サービスなどの現状を見ながら、今後のビジネスイノベーションの可能性と社会問題、ビジネスリスク等について解説を行います。


11:50〜12:50 昼 休 憩

12:50〜13:30

招待講演1
「スマートデバイスの進化と企業におけるモバイル活用の変化」

藤吉 栄二 氏
(株式会社野村総合研究所 IT基盤イノベーション事業本部 基盤ソリューション企画部 上級研究員)

 スマートフォン、タブレット端末が普及期に突入するなか、 企業におけるスマートデバイス導入も急拡大しています。 MDMやMAMに代表される管理ツールが多数登場するなど、 企業におけるモバイル活用に必要な環境が整うなか、 最近はモバイルワーク実現の次の打ち手として、 ウェアラブル端末などの新しいITの活用にも期待が集まっています。 本講演では、近年のスマホ、タブレットの企業利用を支える 技術の動向と利用事例を紹介しつつ、新しい企業ITとなる ウェアラブル端末の活用に関する論点や課題について解説します。

13:35〜14:15

招待講演2
「ビッグデータを活用した、安全で快適なモビリティー社会を目指した取り組み」


今井 武 氏
(本田技研工業株式会社 役員待遇参事 グローバルテレマティクス部)

 ホンダでは2002年より、「インターナビ」というテレマティクスサービスに取り組んでいます。 テレマティクスが生み出すビッグデータを活用することで安全で快適なモビリティライフを、都市づくりの在り方にまで広げて実現することが可能となります。本講演ではホンダのビッグデータを活用したテレマティクスに対する取り組みを、2020年の東京オリンピック 、パラリンピックも視野に入れて解説します。

14:20〜15:00

招待講演3
「JSSEC MDMセキュリティガイドラインの概要」
−スマートデバイスの端末管理に向けて−


関 徳男 氏
(日本電気株式会社 スマートデバイスビジネス本部 エキスパート
日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC) 技術部会 デバイスワーキンググループ)

 国内のスマートデバイス(スマホ、タブレット)の普及に伴い法人利用の端末運用管理に注目されるMDM(Mobile Device Management)について補足解説しつつ、MDMのサービサーやデバイス特性に応じた企業サイドのセキュリティポリシーを検討するためのMDM運用セキュリティガイドラインを解説し、LCM(Life Cycle Management)の視点で考察します。


15:00〜15:15 休 憩

15:15〜17:15

パネルディスカッション
「スマートデバイスの発展がもたらすビジネスイノベーションとは」

ファシリテータ
尾上 孝雄 氏
(大阪大学 理事補佐 大学院情報科学研究科 教授)

 多種多様に発展を続けるスマートデバイスは、社会に大きな変化をもたらし、ビジネスにイノベーションを持たらしつつあります。各パネリストのご専門の立場から、それぞれの課題や解決策について意見を交わし、新たなビジネスモデル・スタイルについて探ります。

パネリスト
藤吉 栄二 氏
(株式会社野村総合研究所 IT基盤イノベーション事業本部 基盤ソリューション企画部 上級研究員)

「スマートデバイスの進化と企業におけるモバイル活用の変化」
 招待講演のまとめ


パネリスト
今井 武 氏
本田技研工業株式会社 役員待遇参事 グローバルテレマティクス部
「ビッグデータを活用した、安全で快適なモビリティー社会を目指した取り組み」
 招待講演のまとめ


パネリスト
杉本 礼彦 氏
(株式会社ブリリアントサービス 代表取締役)

「ジェスチャースマートグラスMIRAMA」
 ジェスチャーで入力できるウェアラブルHMD、「MIRAMA」の紹介。何ができるのか?ジェスチャー入力のメリットは?MIRAMAは何の問題を解決するのか?MIRAMAの未来はどうなのか?

パネリスト
木下 泰三 氏
(株式会社日立製作所 情報・通信システム社 通信ネットワーク事業部 事業主管)
「ワイヤレスM2Mとスマートデバイスへの期待」
 M2Mはセンサと無線が集約されたセンサーノードが主役ですが、将来はスマートデバイスがセンサーノードにもなり、またセンサーノードを制御するようになります。M2Mから見たスマートデバイスへの期待と課題について述べたいと思います。


17:30〜19:00 交 流 会


 (C) 2014 KIIS. All Rights Reserved. 一般財団法人関西情報センター