関西グリーン電力基金トップページへ
基金の仕組み 基金に参加する 助成先はこちら 基金の運営 助成募集について
 
あなたの「CO2削減」貢献シミュレーション
助成先の声
基金に参加する
 
ロゴマークご使用をご希望のみなさま
小型自然エネルギー発電設備Web展示場
 

HOME > 関西 グリーン電力基金運営委員会 > 第8回グリーン電力基金運営委員会審議結果報告(概要)

 

第8回グリーン電力基金運営委員会 審議結果報告(概要) 

1. 日  時 平成16年3月8日(月) 15:00〜16:00
  2. 場  所 (財)関西情報・産業活性化センター 第1会議室
  3. 出席者
委員長:天野明弘[財団法人地球環境戦略研究機関関西研究センター所長]
委  員:槇村久子[京都女子大学現代社会学部教授]
委  員:松村洋[関西電力(株)取締役]
委  員:植島啓仁(代理)[近畿日本鉄道(株)経営企画室部長]
委  員:高木伸興(代理)[京セラ(株)ソーラーエネルギー事業本部本部室責任者]
委  員:金井孝順[財団法人関西情報・産業活性化センター専務理事]
オブザーバー:東郷洋一[近畿経済産業局資源エネルギー部長]   他    
(計14名 事務局含む)
  4. 概 要
開会の挨拶
開会後、事務局である当財団の明野常務理事より、本委員会が有効に成立している旨を報告、承認された。(委員定数8名中、6名が出席)
   

委員長の挨拶 [天野委員長]

本基金は、平成16年度の事業計画ということで、今回で4回目の助成を迎えることとなった。昨今、基金の加入口数については減少傾向にあり、基金のPRについてより一層、力を入れていく必要があると感じている。事務局の方からも本年度より「環境教育目的用発電設備」を新たに募集するなど、PRについていくつかのテコ入れを実施するように聞いている。更なる基金の普及・充実を目指して、委員の皆さま方からもどしどしとご意見等を頂戴したい。
   

議案審議(5件)

事務局である当財団の岡野担当より下記について説明を行い、審議の結果、いずれも原案どおり承認された。
   
[審議事項]
  平成16年度「関西グリーン電力基金」事業計画について
   
 
a) 助成金総額に関する件
b) 助成対象および助成枠・助成単価に関する件
c) 助成募集要綱に関する件
d) 助成募集スケジュールに関する件
e) グリーン電力基金特別会計収支予算に関する件
   
その他
  次回委員会を平成16年6月中旬頃に開催し、平成16年度の助成先決定等について、審議を行うものとした。
   
審議(5件)における主な意見
新設した環境教育目的用発電について、助成募集の際には、自治体等の環境関連の部署だけではなく、教育関連の部署に対しても、助成募集に関する情報が流れるように留意してほしい。
環境教育目的用発電の募集により、学校と関わることが増えると思う。その際、学校の父兄へのPRを実施したり、環境教育と絡めてグリーン基金の事を紹介したり、いろいろな工夫ができるように感じている。
参加口数がグリーン電力基金の助成原資に直結してくるわけであるが、東京や東北と比較して、基金の参加口数も少なく、かつ減少傾向にある。その要因を分析した上で、基金のPRについて、いろいろな工夫をしていくべきではないか。
   

 

このページの先頭へ