関西グリーン電力基金トップページへ
基金の仕組み 基金に参加する 助成先はこちら 基金の運営 助成募集について
 
あなたの「CO2削減」貢献シミュレーション
助成先の声
基金に参加する
 
ロゴマークご使用をご希望のみなさま
小型自然エネルギー発電設備Web展示場
 
HOME > 関西グリーン電力基金運営委員会 > 第3回グリーン電力基金運営委員会審議結果報告(概要)
 

第3回グリーン電力基金運営委員会 審議結果報告(概要) 

1. 日  時 平成14年1月18日(金) 15:30 〜 16:40
  2. 場  所 (財)関西産業活性化センター 会議室
  3. 出席者
委員長:天野明弘 [関西学院大学総合政策学部教授]
委  員:槇村久子 [京都女子大学現代社会学部教授]
委  員:早瀬  昇 [社会福祉法人大阪ボランティア協会理事・事務局長]
委  員:小北晴夫(代理)[京セラ(株)商品事業本部責任者]
委  員:植島啓仁(代理)[近畿日本鉄道(株)経営企画室部長]
委  員:岸田哲二 [関西電力(株)常務取締役]
委  員:小嶋英介 [財団法人関西産業活性化センター専務理事]
オブザーバー:中西康直(代理)[近畿経済産業局資源エネルギー部
                             エネルギー対策課長]  他
(計.15名 事務局含む)
  4. 概 要

委員会の有効成立(委員定数8名中、代理出席2名含め7名が出席)について、承認された。

下記について、審議を行い、いずれも原案どおり承認された。
   
[審議事項]
a) 財団法人関西産業活性化センター解散に関する件
b) 平成13年度 グリーン電力基金特別会計財産目録に関する件
   
下記について、事務局より報告を行なった。
  [報告事項]
  a) 平成13年度事業活動状況報告および平成14年度助成の基本的な考え方
  b) 参加状況からのご意見
   
審議・報告事項における主な意見
事務局をはじめ、関西電力(株)に基金PRなど、いろいろと協力いただき、参加口数(寄付金)が着実に増えてきていることは評価できる。
昨年11月15日に竣工した京都府の太鼓山風力発電所などの助成先について、基金からの助成であることをPRしていく工夫が必要ではないか。
参加申込書の中で、電気のお客さま番号の記載は何とか(削除)できないか。
申込者にとって、お客さま番号を調べるのは非常に大変である。
環境家計簿を記入してもらう時など、電気の検針票や領収証を持参して記入することが多いので、お客さま番号はすぐわかる。その時に、基金PRとして同時に参加申込書を配布するなどしてみてはどうか。
また、基金をよりPRするために、参加者を入れた(費用は参加者負担で)、助成先の見学会などを実施してはどうか。また、地元の自治体などと連携・協力し、新エネルギーの環境学習の場としても活用・PRしていけばよいのではないか。
環境への取り組みなどにおいては、企業や自治体などが互いに連携・協力し、相乗効果を狙うことが重要である。
   
次回委員会は、平成14年3月26日(火)に開催し、平成14年度事業計画に関する事項等について審議を行う予定。

 

このページの先頭へ