一般財団法人関西情報センター

きりんずオープンデータ/ビッグデータ

■第3回利活用セミナー

 来る平成27年3月11日(水)、「オープンデータによる地域課題解決とビジネス創出」をテーマとし、下記の通り第3回利活用セミナーを開催いたします。ぜひお越しください。

イベント概要
概要

データの流通による新たな市場創出・地域活性化を目指した施策や取り組みに関する最新動向をご紹介するとともに、ますます広がりを見せるデータ利活用事例について情報提供する場といたします。

とき 平成27年3月11日(水)、13:30〜17:00
ところ 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM) 会議室2・3
(大阪市中央区大手前1-7-31  地図はこちら
参加費

無料(定員100名)

主催 一般財団法人関西情報センター
協賛

インフォテリア株式会社
株式会社NTTデータ関西
日本電気株式会社
株式会社日立製作所
富士通株式会社

お問い合わせ先 一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ
オープンデータ/ビッグデータ利用促進フォーラム担当
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
TEL: 06-6346-2641 / FAX: 06-6346-2443
e-mail: rstaff@kiis.or.jp
プログラム(予告なく変更する場合があります)
主催者挨拶
講演

ITで地域の課題解決〜Code for Japan〜

一般社団法人コード・フォー・ジャパン
代表理事

 関 治之 氏

我が国においても、いくつかの自治体において先行的に「オープンデータ」の取り組みが進みつつある。各国の先行事例を見ていくと、オープンデータ公開の効果を高めるには、地域の技術者やデザイナー、市民に対して行政の機能や情報を公開し、協働の体制を作る必要があることが見えてくる。本講演では、オープンデータを用いたオープンガバメントの考え方や事例を紹介するとともに、我が国でも活動が始まったCODE for JAPANの取り組みを紹介する。
   
トークセッション

ビジネスとしての「地域課題解決」の可能性
〜Civic Techは地域経済を活性化させるか〜

一般社団法人コード・フォー・ジャパン
代表理事

 関 治之 氏

静岡県 企画広報部 情報統計局 情報政策課
主査

 杉本 直也 氏

NPO法人コミュニティリンク
理事

 榊原 貴倫 氏

自治体におけるオープンデータ施策に対し、本来の目的である「ともに考え、ともにつくる社会」 を目指す上で必要となる機能や活動、体制・仕組み、乗り越えなければならない課題等について、最前線の現場で活躍する方々による本音トークにより議論する。またCivic Techによる「地域課題解決」の取り組みを「ビジネス」として地域で展開していく方向性についても議論する。
   

お申込み受付は終了いたしました。
多数のお申し込みありがとうございます。

 なお本セミナーは下記協賛企業・団体のみなさまのご協力により企画・運営しております。

■セミナー協賛企業一覧(順不同)

 


オープンデータ/ビッグデータ利用推進フォーラム事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号
一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ内
TEL : 06-6346-2641 / FAX : 06-6346-2443 / mail : rstaff@kiis.or.jp