一般財団法人関西情報センター

きりんずオープンデータ/ビッグデータ

■第2回利活用セミナー

 来る平成26年11月5日(水)、オープンデータ/ビッグデータ利活用において重要な検討事項となる「パーソナルデータの取り扱い」をテーマとし、下記の通り第2回利活用セミナーを開催いたします。ぜひお越しください。

イベント概要
概要

データの流通による新たな市場創出・地域活性化を目指した施策や取り組みに関する最新動向をご紹介するとともに、ますます広がりを見せるデータ利活用事例について情報提供する場といたします。

とき 平成26年11月5日(水)、14:00〜16:30
ところ 大阪大学中之島センター 703講義室
(大阪市北区中之島4-3-53  地図はこちら
参加費

無料(定員100名)

主催 一般財団法人関西情報センター
協賛

インフォテリア株式会社
株式会社NTTデータ関西
日本電気株式会社
株式会社日立製作所
富士通株式会社

お問い合わせ先 一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ
オープンデータ/ビッグデータ利用促進フォーラム担当
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
TEL: 06-6346-2641 / FAX: 06-6346-2443
e-mail: rstaff@kiis.or.jp
プログラム(予告なく変更する場合があります)
主催者挨拶
講演

データ利用環境の変化と期待

 

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
電子情報利活用研究部 部長

 坂下 哲也 氏

  データ利活用による経済活性化に期待が集まる中で、データ利用形態にも変化が見られる。特に、ID連携トラストフレームワークをなどのPDC(パーソナルデータエコシステム)の取り組みが顕在化している。
消費者との信頼関係を如何に構築し、データを 安全に利用するか、事例を交えて解説する。
   
講演

パーソナルデータ収集の多様化と問題点

 

株式会社国際社会経済研究所 情報社会研究部
主幹研究員

 東 富彦 氏

  パーソナルデータを収集しサービスに活用するシステムは、 我々の身近に様々な形で導入されている。
本講座ではパーソナルデータ収集の驚くべき実態とその問題点を明らかにし、プライバシーを保護した上での 利活用可能性について解説する。
   

お申込み受付は終了いたしました。
多数のお申し込みありがとうございます。

 なお本セミナーは下記協賛企業・団体のみなさまのご協力により企画・運営しております。

■セミナー協賛企業一覧(順不同)

 


オープンデータ/ビッグデータ利用推進フォーラム事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号
一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ内
TEL : 06-6346-2641 / FAX : 06-6346-2443 / mail : rstaff@kiis.or.jp