一般財団法人関西情報センター

きりんずオープンデータ/ビッグデータ

■第1回利活用セミナー

 来る平成26年9月19日(金)、オープンデータ/ビッグデータ利用促進フォーラムのキックオフイベントとして、下記の通り第1回利活用セミナーを開催いたします。ぜひお越しください。

イベント概要
概要

データの流通による新たな市場創出・地域活性化を目指した施策や取り組みに関する最新動向をご紹介するとともに、ますます広がりを見せるデータ利活用事例について情報提供する場といたします。

とき 平成26年9月19日(金)、13:30〜17:00
ところ AP大阪駅前梅田1丁目 APホール
(大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル地下1階  地図はこちら
参加費

無料(定員100名)

主催 一般財団法人関西情報センター
協賛

富士通株式会社
インフォテリア株式会社
株式会社日立製作所
日本電気株式会社

お問い合わせ先 一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ
オープンデータ/ビッグデータ利用促進フォーラム担当
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
TEL: 06-6346-2641 / FAX: 06-6346-2443
e-mail: rstaff@kiis.or.jp
プログラム(予告なく変更する場合があります)
主催者挨拶
講演

組織の壁を越えたデータ利活用による新事業・新サービス創出に向けて〜データ駆動型(ドリブン)イノベーション創出戦略協議会の活動から〜

 

経済産業省 商務情報政策局 情報経済課長

 木村 聡 氏

  データを利活用した新ビジネスの創出や社会課題の解決を実現するためには、組織が壁を越えてデータを共有・活用し、新たな価値を生む“データ駆動型(ドリブン)イノベーション”を創出する必要がある。そのための課題と経済産業省の取組を紹介する。
   
講演

データ・ジャケット:データ市場創造のための技術〜データの価値発見からビジネス創出へ〜

 

東京大学 工学系研究科 システム創成学専攻
大澤幸生研究室

 早矢仕 晃章 氏

  簡単に入手できるインターネット上のデータから、オープンにすることが難しい企業内のデータまでを掘り起こし、潜在的な価値や利用方法を発見するために、「データ・ジャケット」という技術を提案している。本講演では、データ・ジャケットを用いたデータ市場創造への取り組みと展望について紹介し、人材育成、技術、分析などのキーワードからデータに基づくビジネス創出と意思決定につなげる方法について述べる。
   
講演

ビジネス課題とデータから見る、ビッグデータ活用
〜30社超の事例で知るベストプラクティス〜

 

日経ビッグデータ 副編集長

 市嶋 洋平 氏

  ビッグデータ活用に本格的に乗り出す企業が増えており、中でも成功する企業、うまくいかない企業が見え始めている。ビジネス課題の設定や、保有していたり不足していたりするデータの見極めがカギを握っている。「日経ビッグデータ」「ビッグデータ総覧」で紹介した事例を中心に紹介する。
   

事務局より

今後の活動について

セミナー参加申し込みは締め切りました。
多数お申込みいただきありがとうございました。

 なお本セミナーは下記協賛企業・団体のみなさまのご協力により企画・運営しております。

■セミナー協賛企業一覧(順不同)

 

 

 


オープンデータ/ビッグデータ利用推進フォーラム事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目3番1-800号
一般財団法人関西情報センター 事業推進グループ内
TEL : 06-6346-2641 / FAX : 06-6346-2443 / mail : rstaff@kiis.or.jp